• 知絵

ギャラリーPORTFOLIOの外黒板描きました!

最終更新: 2月15日


タイトル通りですが、

絵画教室でもお世話になっているギャラリーPORTFOLIOさんの外看板のデザインと作画を今回担当させていただきました!




今回依頼されて描くぞってなったのはいいものの、裏話をすると結構大変でした。

でもそのぶんとてもやりがいがありましたし、いい経験を積ませていただきました!


いつもと違う点は大きく2つ。

1つ目はサイズ。

普段絵を描くサイズは大きくてB4くらいまで・・・しかし今回は自分よりも大きい黒板だったので、遠くから見たときにも見えるようにとかあれは何とわかってもらえるようになるべく細かくもわかりやすく描くことを意識しました。

絵自体もキャラは描かず、依頼の際に入れてほしいと言われた夏の花に加えてどんなお店で何を提供しているのかがわかるようにシンプルに考えてギャラリーでの推しメニューであるフレンチトーストを中心にドリンクやフードの絵を描くことにしました。


夏の花は前回ひまわりだったのを僕も見て知っているし、多分来るお客さんや絵画教室に通ってる子どもの印象にも残っているお店のシンボルフラワーなのでは?と考えそのまま僕もひまわりを描くことにしました。

しかし僕はもっとカラフルな看板を目指したかったので、ひまわりとは違った色で通ってくれてる子どもたちでもわかるようにアサガオを加えてみました。


2つ目に違ったのは画材。

なんと言っても黒板なのでペンやコピックを使うわけではなく、チョーク。

これはこすったり、塗れても消えないアクリルパステルというチョークを使って描きました。

しかし僕はこの画材を使うのは初めてで、うまく描けるか不安もありました。

ただ、使ったことがないから描けません!なんていうのは絶対にできませんし、僕はむしろどんな感じなのだろうか?と不安と一緒にわくわくもありました。

普通の白チョークで下書きをしてそれをベースに制作していきましたが・・・


なかなか難しいけど楽しいぞ?


僕の使ってみた印象はこうでした。

お借りしたアクリルパステルのセットは幸い色数が多く、とてもカラフルに描くことができてちょっとしたグラデーションなども作りやすかったです。

チョークを扱っている学校の先生やそれを専門としてるイラストレーターさんたちを尊敬しつつ、僕も自分の持てる力をフルに活かしてなんとかだいたい依頼でお話して予想していた10時間以内に描きあげられたのは自分でも褒めていいかななんて思います(笑)


これを機に実は文字のフォントや黒板アートのことを調べたりもしたのですが、奥が深くおもしろそうなのでいいと思ったところをクラゲでの創作などにも活かしていきたいと思います。


ぜひギャラリーへお越しの際はこちらも見てあげてくださいね!

ちなみにギャラリー内とかのこうゆうのも担当していたり。





お仕事を任せてもらえるって嬉しいですね。

もっと一作家として成長していきたいです!

メールマガジン登録↓
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now