• 知絵

第6回読書会【図書室のキリギリス】


こんにちは、知絵です。

ここ最近はニュースでもSNSなどでも「新型コロナウイルスの影響で~」と見かけたり、聞いたるすることが多くて気が滅入ってしまっている人が多いかもしれませんが今夜の読書会では楽しく読書談義していきたいと思います!


と書きつつも、実は僕らの読書会にも小さくですが影響が!

いろんな施設がお休みや閉館しているように図書館もお休み。つまりは本を借りれず、今回は勝哉さんが課題図書を読めず感想を語り合うことができなくなってしまったため、ならば読む前にレファレンスをしておすすめしようじゃないかという話になりました。


というわけで今夜の読書会は読書会というよりはレファレンス回です(笑)


まずは簡単なあらすじ。

今回からは選書担当者があらすじを用意する仕様になりましたので、勝哉さんの文章を読みなれてる方は読みづらいと思う方もいるかもしれませんが、温かくみてもらえてばと思います。





【ここからはややネタバレを含みます!】

僕がこの本を手に取ったきっかけはまた本屋をぶらぶらと見ていた時にみつけて即買いしたことが始まりです(笑)

前にも書いたかもしれませんが、僕は「本」や「図書室、図書館」など本が物語のテーマや中心になっている物語が大好きでタイトルを見て即手に取りました。


気に入った理由の中で主人公の職業の司書というのもあります。

僕は数年前に半年くらいだけでしたが、図書館司書の経験があったので親近感があり興味を持ちました。


最初は資格も持たず、本を読むのは好きでも専門的な知識をもたない自分にはできないと友人からのお誘いを断ろうともしていましたが、離婚したばかりで生活費を稼ぐために就活中で仕事を探していたこともあり受けるだけ受けてみることに…。

作中に【なんちゃって司書】なんてフレーズがありますが、実際に僕も図書司書の資格を持っていませんでしたが、仕事は教えてもらいながらこなせたのでこれはフィクションではなく、実際にそうやって働いてる方々が存在することを覚えておいてください。





前任の司書がやめてしまってとりあえず1か月という形で契約になった詩織でしたが、前任の司書のことや図書委員の生徒たちなど仕事をしながら人と交流する中でだんだん司書業に熱心にのめりこんでいく様子が好感を持てました。

あと自分が働いていた時のことを少し思い出しました。懐かしい。

前半は自分の生活のためと自分のために働くという感じでしたが、後半は生徒のために、図書館を利用する人のために、などだんだん人のために働いていくって気持ちの変化が読んでいてわかるのもポイントかと思います。


ネタバレになりますが、図書室の使い方を生徒に教えるという場面でそこで出会い、ちょっとしたきっかけで話しをする本を全然読まなかった生徒たちが図書委員に入るまでになったりと主人公と一緒になんだか達成感みたいなものを感じる?気持ちになる展開も個人的にはありました。

後半では図書委員の生徒たちと読書会をするのですが、そこでのやりとりや実際に登場する本のレファレンスをしあったりする生徒たちの様子は本好きには憧れな場面で楽し気な雰囲気が伝わってきました!


全体的に図書館でのお仕事の様子が描かれていますが、最初の離婚の話が実は最後までの伏線になっているというのに少し驚きました。

このお話には誰一人として無駄な登場人物はおらず(いや、当たり前かな?)読んでいて物語を追いやすかった印象が僕にはありました。


さらに詳しいレファレンスやポイントなどは今夜22時からのツイキャスでお会いしましょう!

ミッドナイト読書会ツイキャス


~ミッドナイト読書会~

毎月第4週目あたり?(予定変更になる場合もあります)で22時から!

(↓23時と記載していますが、今夜は22時頃からスタート予定)



*各メンバーSNS情報*


Twitter 知絵@chie3327  勝哉@KatuyaEimika


HP 知絵chiemanga.wixsite.com/chienotubuyaki 

  勝哉https://lastnote51.wixsite.com/katuyakatudoutyu



1回の閲覧
メールマガジン登録↓
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now